あらしアイコン
(since Jan. 1996)
マンガ家・小説家「すがやみつる&菅谷 充」のWebサイトです。
(当サイトからのAmazon書籍ページへのリンクは、すべてアフィリエイトプログラムに参加しています)

 2024年5月26日(日)に芸能花伝舎(西新宿)で開催される落語芸術協会(会長・春風亭昇太師匠)の「芸協らくごまつり2024」のメインビジュアルを担当させていただきました。こちらのイラストがポスターやチラシ、Webでの告知などに使われます。

「芸協らくごまつり」についての詳細は、「芸協らくごまつり2024」の「X(Twitter)」アカウントでご確認ください。
芸協らくごまつり2024(Xアカウント)
2024.3.4[Mon]

 艦これ雑誌「みたいな!」Vol.5に、連載中のマンガ『空飛び娘、ひらり!』の第4回が掲載されました。今回のストーリーは、生成AI「ChatGPT」と対話しながらアイデアを煮詰め、プロットを組み立てたものです。新しいストーリーの作り方への挑戦という意味で、とても楽しく仕事することができました。

「みたいな!」Vo.5をAmazonで購入


2024.2.14[Wed]

 2024年2月21日に新刊『超スピードテク満載 クリエイターのためのネットで簡単&得する 確定申告』(すがやみつる・著/神津信一・監修/ビジネス社/1,650円)が発売になります。
 確定申告を簡単にすませるコツは、日常の経費のまとめ。クラウド型会計ソフトを使っていれば、銀行口座やクレカ、交通系ICカードと紐付けして、金額の打ち込みを省略できます。会計ソフトを使えば日常の帳簿付けも簡単になり、e-Taxでの申告もラクになります。
 そんなデジタル時代の確定申告に役立つノウハウが詰まった本です。「クリエイターのための」となっていますが、個人事業主の皆さん、ぜひ、お手にとってみてください。

2024.2.7[Wed]

 1991~98年、パソコン通信NIFTY-Serveの会員誌で連載されていたコラム『すがやみつるのただいまアクセス中!』が、このたびAmazon Kindleからプリント・オン・デマンドのペーパーバック版で発売開始になりました。紙の本です。

「本は、やっぱり紙じゃなけりゃ!」という方は、こちらをお求めください。パソコン通信の時代からインターネットの時代への国内外のネットワーク事情が垣間見えるはずです!

ただいまアクセス中!(1)

ただいまアクセス中!(2)

ただいまアクセス中!(3)
2023.12.18[Mon]

 原作付きマンガを描いているマンガ家さんも多いと思いますが、シナリオからセリフ部分だけ抽出できたら、ClipStudioにセリフと流し込むのもラクになるはず。そんなマンガ家さんのために(自分のためでもありますが)、シナリオからネーム部分だけを抜き出すアプリを作ってみました。ChatGPTに手伝ってもらっています。






シナリオ→ネーム変換アプリ
2023.11.2[Thu]

 好評既刊『蒼天の艦隊』(全3巻)の続編『灼熱の艦隊』(全4巻)のAmazon電子書籍Kindle版が、本日、発売になりました。他の書店でも発売予定です。ぜひ、お買い求めください!

『灼熱の艦隊(1)』
『灼熱の艦隊(2)』
『灼熱の艦隊(3)』
『灼熱の艦隊(4)』


2023.9.14[Thu]

菅谷充の架空戦記小説『蒼天の艦隊』(全3巻)の電子書籍版が発売。Amazon Kindle版は次のとおりです。他の電子書籍ストアでも順次発売予定。よろしければ、お試しください。

『蒼天の艦隊(1)』
『蒼天の艦隊(2)』
『蒼天の艦隊(3)』


2023.8.2[Wed]

Amazon Kindleオリジナルでコミックエッセイ『すがやみつるの生活習慣病奮闘記』を無料公開しました。群馬県前橋市にある星医院のWebサイトで連載されていたマンガです。40歳を過ぎた方、必読です!

『すがやみつるの生活習慣病奮闘記』
2023.7.23[Sun]

Amazon Kindleオリジナルで初の縦スクロールマンガ『コミックエッセイの描き方』を公開しました。無料です。連載マンガなので、つづきもお楽しみに!

『コミックエッセイの描き方』
2023.7.20[Thu]

『企画書からはじめるマンガ原作のつくり方』(すがやみつる/鶴見史郎/鷹見吾郎)をAmazon Kindle Direct Publishingで刊行しました。

 少年マンガ、学習マンガからレディスコミックまで、自身のマンガ以外に多数のマンガ原作を手がけた すがやみつるの原作手引き書です。学習マンガの企画書も載せています。

 原作原稿は、大人向け学習マンガ、レディスコミック、少年マンガなど4本。以外でしょうが『ゲームセンターあらし』も先に原作のシナリオを書き上げ、編集者と打ち合わせしています。

「ネーム」ができなくて困っている新人マンガ家が多いのですが、その原因は「ネーム(絵コンテ)を作りながらストーリーを考えているから」です。演出は、シナリオを書き上げてからやりましょう。いや、その前に、「何を描く(書く)のか」という「企画」でOKをもらうほうが先でしょう。

 いま、原作者に求められているのは、「情報力」です。そんなゲンバのニーズも紹介した『マンガ原作のつくり方』(すがやみつる/鶴見史郎/鷹見吾郎)は、 990円(Amazon Unlimitedメンバーは0円)。ダウンロードして、お読みください。

 ペーパーバック版も発売開始になっているはずなのですが、リンク先が表示されません。つながるようになったら、あらためて報告させていただきます。

https://amzn.to/3PVApZJ
2023.7.13[Thu]