あらしアイコン
(since Jan. 1996)
マンガ家・小説家「すがやみつる&菅谷 充」のWebサイトです。

 9月18日(土)より、早稲田大学歴史館において、テーマ展示「ワセダの漫画家たち」が開催され、すがやみつるの原画も展示されることになりました。お近くをお通りの際は、お立ち寄りください。

 開催期間は2022年8月7日(日)まで。展示品の入れ替えも予定されています。詳しくは早稲田大学のサイトをご覧ください。




早稲田大学歴史館 テーマ展示「ワセダの漫画家たち」サイトへ
2021.9.13[Mon]

 1998年に上梓した『南太平洋波高し―ダグラス・マッカーサー暗殺指令』(コスモノベルス)を改題・改稿した『マッカーサー暗殺特務指令: 陸軍中野学校忍者部隊秘録』をAmazonのkindleダイレクトパブリッシングで刊行しました。350円のお得価格です。また、Kindle Unlimitedの対象作品ですので、会員の方は「読み放題」で読めます。




『マッカーサー暗殺特務指令: 陸軍中野学校忍者部隊秘録』(Kindle版)
2021.9.3[Fri]

 8月12日発売の『石ノ森章太郎コレクション SF編』で解説を書かせていただきましたが、実は、文庫の解説ページには収まりきれないロングバージョンの解説も書いてしまいました。筑摩書房の編集者が、もったいないということで、全文を「Webちくま」のサイトに掲載してくださいました。

 長いですが(1万3000字)、よろしければ、お読みになってみてください。自分で言うのもおかしいのですが、力作です。

石ノ森章太郎とSF『石ノ森章太郎コレクション SF編』解説【完全版】
2021.8.28[Sat]

8月27日、Amazon kindleダイレクトパブリッシングを使った「すがやみつるブックス」ブランドのセルフ出版第2弾として、『パソコン通信で英語がわかった〈Kindle版〉―35歳からの英語・国際パソコン通信体験』を刊行しました。

 本書は1994年に初版、翌95年に改訂新版が出た〈英語オンチの漫画家の笑いと涙の英語体験記〉です。いかに私の英語がひどかったかは、2人のアメリカ人が「証言」してくれています(笑)。

 そんな状態でしたが、毎日、アメリカのパソコン通信ネットワークにアクセスし、求められるがままに日本のレース情報を書いて送り、それをアメリカとカナダのジャーナリストや自動車会社の広報担当者に、まさに寄ってたかって添削してもらっていたら、いつのまにか英文を読むのも書くのも、苦手意識がなくなりました。

 この本は、そんな35歳でパソコン通信を通じて英語に目覚めたマンガ家の英語奮闘記です。シンプルな英文を書いてみたい人にも参考になるかもしれません。シンプルな英文は、つまり新聞記事のようなジャーナリズム英語で、事実を伝えることを第一としたものです。関係代名詞の使い方に頭を悩ませているような方は、ぜひ、お読みになってみてください。

 すがやみつるのセルフ出版第2弾『パソコン通信で英語がわかった〈Kindle版〉―35歳からの英語・国際パソコン通信体験』は、たったの300円! お値打ち品ですよ(笑)。

 お買い求めは、こちらから。

『パソコン通信で英語がわかった』をAmazonで購入する
2021.8.27[Fri]

 本日、AmazonのKindle ダイレクトパブリッシングで、初の電子書籍オリジナル『単身赴任の京都〈B級〉暮らし――マンガ家教授の古都体験』を上梓しました。600円です。また、Amazon アンリミテッドで無料で読むこともできます。
 七年半の京都暮らしで体験した等身大の古都情報を紹介しています。京都で暮らす人、暮らしてみたい人には役立つ情報が満載です。ぜひ、ご覧になってみてください。





Amazon(Kindle)で購入する
2021.8.24[Tue]

『石ノ森章太郎コレクションSF傑作選』(石ノ森章太郎/ちくま文庫) が発売になりました。すがやみつるが解説を担当しています。










Amazonで購入
2021.8.12[Thu]

 CG WorldさんのWebサイトに、教育関係の経歴についてインタビューされた記事が掲載されました。よければお読みになってみてください。

https://cgworld.jp/interview/202106-sugaya-mitsuru.html
2021.6.22[Tue]

「こんにちは統計学」のURLは、下記に変更されています。直接、各計算ページに飛んでいた方も、ブックマークの変更をお願いいたします。

◆「こんにちは統計学」新URL

https://stats.m-sugaya.jp/
2021.5.15[Sat]

 今月は、京都精華大学公開講座ガーデンでプログラミング講座の講師をします。このご時世なので、オンライン授業となります。いま、その準備をしているのですが、昔、BASICで作ったミニプログラムをPythonで書き直したりしています。ローンの複利計算とか肥満度を調べるBMIの計算といったものです。

 そのうちの1本が、以下の23年前にBASICで書いた数学パズルを解くプログラム。

https://m-sugaya.jp/nikki/nik9803b.htm#atoda

 Pythonで書き直しましたが、無事に動いてくれました。

 MacにもPython 3.9をインストールして、プログラミング環境ができました。





2021.5.2[Sun]

 毎年、5月1日になると、1994年の同日、イタリアのイモラ・サーキットで開催中のサンマリノ・グランプリで事故死したアイルトン・セナのことを思い出します。同時に、前日に事故死したローランド・ラッツェンバーガーのことも。

 この2件以外にも事故が多発していて、まるで呪われたグランプリでした。

 今週はF1ポルトガル・グランプリがあります。大学の仕事が終わって時間が取れようになったので、DAZNでF1観戦を復活させています。レースは安全すぎても面白くないのですが、大きな事故のない範囲でバトルを見せてください。角田裕毅選手の活躍に期待しています。

 リンク先は、早稲田大学人間科学部eスクール在学中に書いた「安全人間工学」という科目の課題レポートです。

1994年F1サンマリノGPにおけるアイルトン・セナ死亡事故発生のメカニズム

写真:Marlboro PR
2021.5.1[Sat]