あらしアイコン Mitsuru Sugaya Homepage
(since Jan. 1996)

 マンガ家・小説家「すがやみつる&菅谷 充」のWebサイトです。

マンガ
小説
ノンフィクション
モータースポーツ
キャンパスライフ

note
Twitter
メール
about me

古い日記

Pythonによる統計計算
「こんにちは統計学」タイトルロゴ
 菅谷 充で執筆したF1レース小説『龍の伝説』(全3巻)とインディカーレース小説『灼熱の走路』(全2巻)が、本日、電子書籍(Kindle)になって、株式会社アドレナライズより発売になりました。

『龍の伝説(1) 黎明編』

『龍の伝説(2) 飛翔編』

『龍の伝説(3) 怒濤編』

 ※『龍の伝説』紹介ページ

***************

『灼熱の走路(1) 挑戦!インディカーシリーズ』

『灼熱の走路(2) 激闘インディ500』

 ※『龍の伝説』紹介ページ


 昨年のうちに発売になった『旭日のGP』(全2巻)と合わせ、菅谷充のレース小説3部作が、これで全作、電子書籍として再刊行されたことになります。

『旭日のGP(上)』
http://www.amazon.co.jp/dp/B00WQL798C/

『旭日のGP(下)』
http://www.amazon.co.jp/dp/B00WQL79AK/

 ※『旭日のGP』について

 よろしければ、お買い上げください(^_^)。
2016.11.4 [Fri]
 2016年5月10日に発売になった『仮面ライダーOfficial Mook 仮面ライダー昭和』Vol.6『仮面ライダー・ストロンガー』(講談社)に、すがやみつるのインタビューが掲載されています。『昭和ライダー』のコミカライズについてのインタビューです。

『仮面ライダー 昭和 vol.6 仮面ライダーストロンガー』(講談社)
2016.5.10 [Tue]
 リクルートのIT業界向けキャリア支援サイト「HRナビ」に、すがやみつるのインタビューが掲載されました。マンガ家から大学教員になるまでのキャリアについて語っています。

http://hrnabi.com/2016/04/21/10841/
2016.4.21 [Thu]
 5月5日の子どもの日に、東京・新宿のネイキッドロフトで開催されるトークイベント『マンガワールド 其の39 【コロコロ創刊伝説】のむらしんぼ』にゲスト出演します。参加希望者は予約が必要です。詳細は、以下のネイキッドロフトのサイトをご覧ください。

http://www.loft-prj.co.jp/schedule/naked/44719
2016.4.20 [Wed]
「古今亭菊之丞さいと」がサーバーを借りていたニフティのホームページサービス終了(移行)に伴い、新しいサーバーに引っ越しました。

 新しいサイトは以下のとおりです。これまでどおりのご愛顧をよろしくお願いいたします。

古今亭菊之丞さいと(New!)

サイト管理人:すがやみつる

2016.3.12 [Sat]
 3月19日、「これも学習マンガだ!」展を開催中の明治大学米沢嘉博記念図書館で、関連トークイベント「マンガと学びを検証する」に出演します。
 詳しくは以下の「これも学習マンガだ!」Webサイトで。

これも学習マンガだ!
2016.2.25 [Thu]
あけまして
 おめでとう
  ございます

 本年も、よろしくお願いいたします。

 2016年のNHK大河ドラマは真田幸村を主人公にした『真田丸』だそうですが、幸村といえば『真田十勇士』を思い出す人が多いんじゃないかと思います。もしかすると高齢者が圧倒的多数かもしれませんが(笑)。

 そういえば私も『真田十勇士』のマンガを描いたことがありました。1975〜77年の2年間、NHKで放映された人形劇『真田十勇士』のコミカライズです。原作が柴田錬三郎、キャラクターデザインが石ノ森章太郎の両先生で、全8巻を私が描き下ろしました。出版社は学研です。

 主人公は猿飛佐助……で、申年の今年にピッタリではありませんか。

 というワケで、新年のご挨拶は、『真田十勇士』の絵にさせていただきました。

  2016年元旦

すがやみつる

2016.1.1 [Fri]
 電子書籍販売サイトのBookliveで連載中のインタビュー企画「わが生涯に一片のコマあり」で、すがやみつるがインタビューされました。インタビューアーは京都精華大学マンガ学部の同僚教員でもある田中圭一先生です。根掘り葉掘りのインタビューを、ぜひ、お読みください。

「わが生涯に一片のコマあり」@BookLive
2015.12.11 [Fri]
 出版大手のカドカワが2016年度からスタートする通信制高校「N高等学校」について、読売新聞のWebサイトに記事を書かせていただきました。30年のネットユーザーであり、早稲田大学人間科学部eスクールでのインターネットを使った通信制大学の卒業生であり、現在、大学教員として多くの高校卒業生を受け入れている京都精華大学マンガ学部でeラーニング授業も担当する教員であることを買われての原稿執筆となりました。
 N高がどんなものになるのか、興味シンシンです。

「カドカワが「ニコ動」で乗り出す通信制高校の成否」(読売新聞)
2015.10.29 [Thu]
 初めての学術書が発売になりました。電子書籍(EpubとPDF)です。2010年の発達心理学会大会で、話題提供者として登壇させていただいた企画シンポジウムの内容をまとめたものです。早稲田大学大学院人間科学研究科修士在学中の院生でしたが、いちおうマンガ家を兼任する実務研究者ということで、発表をさせていただきました。専門家のやまだようこ先生(京都大学)、齊藤こずゑ先生(國學院大學)がフォローアップしてくださっています。
『マンガでわかる小説入門』(ダイヤモンド社)でもこだわっていた「視点」が、マンガ・映画・小説などのメディアごとに、どのように使われているか……といったことを紹介しています。「視点」についてこだわるようになったのは、佐野洋氏の『推理日記』の影響が大きいのですが、認知心理学の分野でも「視点」についてまとめた本があったりで(編著は早稲田大学大学院人間科学芸術院の宮崎清孝先生)、追求していったら面白い分野だと思っています。
 購入は下記の特定非営利活動法人rativのWebサイトのみになります。

『ビジュアル・ナラティヴとしてのマンガ:マンガ/小説/映画の中の視点から』(家島 明彦 編著、菅谷 充(すがや みつる)・やまだ ようこ・斉藤 こずゑ 著)
2015.9.17 [Thu]

Google
WWWを検索このサイトを検索すがやみつるブログを検索


You are the counter st/nd/rd/th visitor since Jan. 3, 1996.
Today: / Yesterday:

© Mitsuru Sugaya & Orange Planning Inc., 1996-2012, All Rights Reserved.