すがやみつる/菅谷 充の電子ブック

〈画像をクリックすると販売ページに移動します〉

最新刊

疾風迅雷 海軍航空艦隊大作戦(1)〈Kindle版〉
 山本五十六連合艦隊司令長官は、日本海軍航空艦隊を創設し、四発の大型爆撃機「嵐山(らんざん)」をアメリカとの戦いに投入する。はたして、山本五十六が目論んだ航空主戦の戦略は……?
疾風迅雷 海軍航空艦隊大作戦(2)〈Kindle版〉
 日米開戦後、矢継ぎ早に航空主戦の作戦を成功させた山本五十六は、アメリカの戦意を喪失させるために、ミッドウェイ島に乾坤一擲の作戦を仕掛ける。その作戦とは……?
疾風迅雷 海軍航空艦隊大作戦(3)〈Kindle版〉
 ミッドウェイの戦いを終えた日本海軍は、ガダルカナル島とパプアニューギニアのポートモレスビーに航空攻撃を敢行する。山本五十六の狙いは、果たして成功するのか?
副業・兼業・週末・在宅ライター志望者のための〈つたわる文章〉速筆テクニック
 ライターは大量の文章を書かないと生活ができません。大量の文章を書くためにはスピードが不可欠です。どうしたら文章が速く書けるのか。漢字変換ソフトやアウトラインエディターの使い方から、便利な参考の紹介まで、ライター志望者に役立つテクニックが満載です。〈書き下ろしKindleオリジナル〉
単身赴任の京都〈B級〉暮らし:マンガ家教授の古都体験
 7年半、京都精華大学マンガ学部の教授として京都に単身赴任したマンガ家教授の古都での体験を綴った読み物。京都は歴史と観光の都市であると同時に、人口の1/10が学生という大学と若者の街でもある。古い歴史と新しいサブカルが融合した京都の日常が満載。これから住んでみたい人にオススメ!〈書き下ろしKindleオリジナル〉
パソコン通信で英語がわかった―35歳からの英語・国際パソコン通信体験〈Kindle版〉
 1994年に初版、95年に改訂新版が発売された『パソコン通信で英語がわかった』(青峰社/絶版)の再改訂版。旧版にあったネットへの接続法などの技術的な部分を削除し、パソコン通信を通じた英語の学びと異文化体験の部分だけとしました。英語の学びや異文化体験の部分は、現在でも充分に通用します。どちらも永遠のテーマだからでしょう。
陸軍中野学校忍者部隊秘録(1)マッカーサー暗殺特務指令〈Kindle版〉
 1998年にコスモノベルス(コスミックインターナショナル)から刊行された架空戦記小説『南太平洋波高し―ダグラス・マッカーサー暗殺指令』を改題したものです。架空戦記というよりも痛快戦争アクションです。スカッとしたい気分のときに、お読みください。
陸軍中野学校忍者部隊秘録(2)超・空の要塞 マリアナ大爆撃〈Kindle版〉
 1998年にコスモノベルス(コスミックインターナショナル)から刊行された架空戦記小説『南太平洋波高し―ダグラス・マッカーサー暗殺指令』の続編です。忍者部隊がB-29強奪をめざして活躍する異色のアクション戦記をお楽しみください。
ゲームセンターあらしと学ぶプログラミング入門 まんが版「こんにちはPython」〈Kindle版〉
 2020年5月に日経BPから刊行された「令和版『こんにちはマイコン』」です。プログラミングを学んでみたいけれど、どこから手をつけていいのかわからない初心者向けの「入門書の入門書」です。紙版も順調に増刷を重ねています。プログラミングやPythonに興味のある方、ぜひ、お手にとってみてください。
ゲームセンターあらし 炎のベストセレクション(1)〈Kindle版〉
『ゲームセンターあらし』の旧作から作者がセレクトした熱血系の読み切りに、「コロコロアニキ」2019年冬号に掲載された新作(『帰ってきたゲームセンターあらし』)1編を加えた381ページの分厚いコミックスです。(1)となっていますが、(2)の出る気配は2021年夏現在、ありません。(1)の売れ行き次第ですので、皆さん、応援をお願いします。

マンガ

娯楽マンガ(オリジナル)

ゲームセンターあらし 炎のベストセレクション(1)〈Kindle版〉
『ゲームセンターあらし』の旧作から作者がセレクトした熱血系の読み切りに、「コロコロアニキ」2019年冬号に掲載された新作(『帰ってきたゲームセンターあらし』)1編を加えた381ページの分厚いコミックスです。(1)となっていますが、(2)の出る気配は2021年夏現在、ありません。(1)の売れ行き次第ですので、皆さん、応援をお願いします。
ゲームセンターあらし〈第1巻〉
 小学館の「てんとう虫コミックス」版『ゲームセンターあらし』です。そのため「幻の第1話」は収録されていません。第1話が1978年秋の「コロコロコミック」に掲載されたときは、人気が得られず読み切りで終わり、『F1キッド』というレースマンガがスタートすることに。79年春の「コロコロ」増刊号に掲載された第2話が大人気になり、急きょ、本誌での連載が決まり、『F1キッド』は終わることに。けっこう楽しんで描いていたのですが……。
マイコン電児ラン(1)
『こんにちはマイコン』のヒットを受け、「次はパソコンの時代がくる!」と予想し、ファミコンマンガも依頼を断ってスタートした作品だったが、長くは続きませんでした。子どもメディアでは、パソコンはファミコンの敵ではなかったのでありました(;_;)。
マイコン電児ラン(2)
『マイコン電児ラン』の低迷とファミコン人気の高まりを受けて、「コロコロコミック」の編集者からは「すがやさん、別荘を建てそこないましたね」と言われたのでした。はい、おおせのとおりでした(泣)。まあ、作者は楽しんで描いていたからいいんですが(泣)。
サラリーマントレーダーあらし
『ゲームセンターあらし』が大人になり、株式投資に手を染めるマンガで、2007年1月から首都圏の駅前などで無料配布されたマンガ雑誌「コミック・ガンボ」に連載された。しかし、連載途中に版元が破綻し、掲載誌も休刊。数回分の原稿料も受け取りそこないました。eBookJapan版は、雑誌には掲載されなかった最終回も入っています。
ひみつ指令マシン刑事999(1)
 1977~78年に「テレビマガジン」で連載。スーパーカー+拳銃の情報を織り込み、「小学生向けの大藪春彦アクションマンガ」をめざした作品。1回を除いてB6サイズの別冊フロクとして描かれました。
ラジコン探偵団(1)
 すがやみつるのホビーマンガ第1作。読み切り作品を描くにあたり、企画書を作成し、400字詰め50枚のストーリー(ほとんど小説)を執筆。岩波少年文庫の『ランサム・サーガ』(『ツバメ号』シリーズ)や『名探偵カッレくん』などを意識したストーリーを意識した。「テレビマガジン」の増刊号に掲載したところアンケートでダントツの1位になり、本誌での連載が決定。
ラジコン探偵団(2)
 連載で1位を続けるが、「テレビ雑誌でオリジナルマンガが1位になるのはまずい」という大人の事情で連載終了に。コミックスに入っていない原稿が残っていたため、描き下ろしの原稿を足して第2巻を出す。ラジコンレースと孤島ミステリーの長編2本は、作者も気に入っている。

娯楽マンガ(コミカライズ)

娯楽マンガ(原作担当)

実用&学習マンガ

小説

モータースポーツ小説

架空戦記小説

疾風迅雷 海軍航空艦隊大作戦(1)〈Kindle版〉
 山本五十六連合艦隊司令長官は、日本海軍航空艦隊を創設し、四発の大型爆撃機「嵐山(らんざん)」をアメリカとの戦いに投入する。はたして、山本五十六が目論んだ航空主戦の戦略は……?
疾風迅雷 海軍航空艦隊大作戦(2)〈Kindle版〉
 日米開戦後、矢継ぎ早に航空主戦の作戦を成功させた山本五十六は、アメリカの戦意を喪失させるために、ミッドウェイ島に乾坤一擲の作戦を仕掛ける。その作戦とは……?
疾風迅雷 海軍航空艦隊大作戦(3)〈Kindle版〉
 ミッドウェイの戦いを終えた日本海軍は、ガダルカナル島とパプアニューギニアのポートモレスビーに航空攻撃を敢行する。山本五十六の狙いは、果たして成功するのか?
陸軍中野学校忍者部隊秘録(1)マッカーサー暗殺特務指令〈Kindle版〉
 1998年にコスモノベルス(コスミックインターナショナル)から刊行された架空戦記小説『南太平洋波高し―ダグラス・マッカーサー暗殺指令』を改題したものです。架空戦記というよりも痛快戦争アクションです。スカッとしたい気分のときに、お読みください。
陸軍中野学校忍者部隊秘録(2)超・空の要塞 マリアナ大爆撃〈Kindle版〉
 1998年にコスモノベルス(コスミックインターナショナル)から刊行された架空戦記小説『南太平洋波高し―ダグラス・マッカーサー暗殺指令』の続編です。忍者部隊がB-29強奪をめざして活躍する異色のアクション戦記をお楽しみください。

ノンフィクション&実用書

副業・兼業・週末・在宅ライター志望者のための〈つたわる文章〉速筆テクニック
 ライターは大量の文章を書かないと生活ができません。大量の文章を書くためにはスピードが不可欠です。どうしたら文章が速く書けるのか。漢字変換ソフトやアウトラインエディターの使い方から、便利な参考の紹介まで、ライター志望者に役立つテクニックが満載です。〈書き下ろしKindleオリジナル〉
単身赴任の京都〈B級〉暮らし:マンガ家教授の古都体験
 7年半、京都精華大学マンガ学部の教授として京都に単身赴任したマンガ家教授の古都での体験を綴った読み物。京都は歴史と観光の都市であると同時に、人口の1/10が学生という大学と若者の街でもある。古い歴史と新しいサブカルが融合した京都の日常が満載。これから住んでみたい人にオススメ!〈書き下ろしKindleオリジナル〉
パソコン通信で英語がわかった―35歳からの英語・国際パソコン通信体験〈Kindle版〉
 1994年に初版、95年に改訂新版が発売された『パソコン通信で英語がわかった』(青峰社/絶版)の再改訂版。旧版にあったネットへの接続法などの技術的な部分を削除し、パソコン通信を通じた英語の学びと異文化体験の部分だけとしました。英語の学びや異文化体験の部分は、現在でも充分に通用します。どちらも永遠のテーマだからでしょう。

その他

学術書&専門書(共著を含む)

(紙版のみ)
(紙版のみ)